祈り 確信

祈りが確信に変わるとき:祈り:信じる心

祈りが確信に変わったとき、その祈りは現実のことになります。祈りの内容に随った現実が現れてくるのです。:祈りが確信に変わるとき:祈り:信じる心

スポンサーリンク

祈りが確信に変わるとき

祈りが確信に変わるのを経験したことがある人は、祈りのコツを知っていると思います。
信じている通りに現実が現れるのは心の法則です。
ということは、祈りは自分の心を変えるため、自分の心に信念を植え付けるために祈るというのが本来の姿勢ではないでしょうか。
祈りの言葉が自分の心に染み渡ったとき、その祈りが現実のこととして経験できるようになります。
また、祈りは言葉で唱えますが、それと同時にイメージ(視覚化)することで、さらに祈りの効果は高まります。
自分の祈りが現実になって喜んでいる状況や、周囲の人に祝福されている状況を五感を使ってイメージすることです。
願い事を祈るのは邪道だと考えている方もいるでしょうが、そんなケチなことはないと思います。
このサイトでいっている祈りは自分自身の心(潜在意識)へ語りかける行為だと考えているからです。
自分の心に気取った態度は不要です。
自分が一番望んでいることを、堂々と祈って良いと思います。
そして、自分が幸せになったら、他人の幸せも祈る気持になれるはずです。
感謝の心が強くなってくれば、他者への愛も大きくなってくるからです。
自分の気持に素直になって、無邪気に祈ることがコツだといえます。
そして、祈っている状況はすでに現実になっていると思えるようなイメージを描いていることで、祈りは潜在意識へ届くでしょう。

スポンサーリンク



祈りで心を変える

何かがうまく行かないときや、落ち込んでいるときに祈りで心を変えることができると、いざというときにとても便利に使うことができます。 祈りは誰にでも与えられた潜在意識との交流を図るとても便利なツールといえます。 潜在意識をなんと呼んでも良いです・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

祈りで心を変える2

祈りで心変えるというと、ちょっと違和感があるかもしれませんが、考え方の習慣は祈りでも変えることができると思います。 それは、願っていることや、喜びや楽しみを考えるようにした方が良いのですが、それがうまくいかないと感じているときに特に有効だと・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

惰性的な祈りでも効果はある

惰性的でいい加減な祈りでも効果があると思います。 毎日、同じような台詞で同じようなことを祈っているのですが、私自身はすでに惰性的になっています。 それほど、真剣に祈ったりしているのではなくて、「おはよう」の挨拶くらい気楽に祈っているだけです・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

祈りは叶えられる

久しぶりにジョセフ・マーフィー師の書籍を読んでいたらいまだに感動した。 いいものは時代が過ぎても良いと思いますね。 祈りは願い事を祈るための行為ではなく、本来は自分の心を神(神聖な存在)へ向けるための行為だといえますが、他の存在を想定したり・・・
  ≫ ≫ 続きを見る