信じる 真理

何を信じるか:信じる心:信じる心

何を信じるかが重要なのですね。いわゆる真実の教え、潜在意識の法則を信じるのが祈りを叶える最大の秘訣だったんです。:何を信じるか:信じる心:信じる心

スポンサーリンク

何を信じるか

信じる心があればほとんどの願いが叶ってしまうはずですが、その信じている内容によって、最終的に幸福を実現できるかどうかの分岐点があります。
では、何を信じるのが良いのでしょうか?。
それは、潜在意識の法則(黄金律)と呼ばれている真理の教えです。
まあ、ここで「真理」とか使うと違和感を感じるかもしれませんが、ジョセフ・マーフィー師は潜在意識の法則を真理といっていたので、そのまま書きます。
神(潜在意識の善性)の属性を強調されました。愛、善意、調和、平和、秩序等の徳性が神(潜在意識の根本)の属性だといわれます。
ですから、日々の祈りには、愛、善意、調和、平和等の考えを表明し、正しく祈りなさいといわれるのです。
そして、全てを肯定的に考えることが重要な要素になっています。
潜在意識では否定も肯定も同じに受け取るということです。
嫌悪や不満を考えていると、そのことを肯定しているのと同じで引き寄せてくるということになります。
ですから、祈りには否定的な言葉は使ってはいけないのですね。
全ては神の御心である。全ては神の現われである。と考えられるようになれば、かなり楽に願いを叶えることができるようになるはずですが、これも、かなり難しい心境です。
ですが、全ては神である。というのが真理の教えの根幹です。
私たち一人一人の中にも神(潜在意識)が内在しているように、全ての事象は全て神が現しているということを理解できたとき、本当の祈りの効果を発揮できるようになるでしょう。
ついでに、肯定的に考えるということは、赦すということも含まれますね。
別のものと考えても良いですが、全てを肯定するというのは、全てを受入れるという心構えが必要です。
全てを受入れるには、人を赦す気持ちが前提条件になります。
人を赦すこともせずに、全てを受入れて肯定的に考えることはできないはずですから。
私も散々チャレンジしましたが、人を赦すことができるようになってやっと受入れる心境が現れてきます。
自分の心が拡大したように感じると思います。大きくなった自分の心に驚くときが来ると思います。
全てがつながっています。
潜在意識の法則では、まず、信じることが必要です。(信じている通りの現実を引き寄せる)
次に、願うことは肯定的に考えること。(考えている通りの現実を引き寄せるから)
肯定したことは否定しないよう注意する。(無理だとか不平不満で肯定した願いを壊さない)
というような考え方が必要です。
そして、心の中ですでに実現したような気分になってくれば、大半の願いが実現してくると思います。(その願いを壊さなければですよ)
願いを壊すとは、何かを否定的に考えたり、不平不満に意識を向け続けたり、不信感を表明することですからね。
簡単なようで難しく、難しいようで簡単な法則なのですね。
知っていても知らなくても同様に作用している法則ですから、それを知って活用できる道があるなら、ぜひ活用したいと思いますよね。

スポンサーリンク



良いことを考えていれば良いことが起きる

「良いことを考えていれば、それに随って良いことが起きる」 「悪いことを考えていれば、それに随って悪いことが起きる」 「私たちは自分自身が考えている通りの者なのです」 これが、潜在意識の法則です。 何度この言葉を書いても毎回心に響きます。 ジ・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

心の中の神

心の中に神が存在すると考えるだけで、安心感といえる感覚が広がってきます。 穏やかで安らいだ感覚を感じると思います。 それは、この考え(心の中に神が存在する)ということが真実なんだろうと思われます。 これは、真実がどうであれ、心が安らいで安心・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

考えていることが現実になる

考えていることが現実になると信じている人にとっては当たり前の事実になってしまうでしょうが、これから始める人は「思考は現実になる」という法則を信じて進みましょう。 この「考えていることが現実になる」という法則を信じることができないと、ほとんど・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

完璧な存在

今、私が何を信じているかといえば、完全で完璧な内なる神を信じています。 私の内には完璧な神が宿っているという気持ちが、今私を支えています。 内なる神は完璧なので、私のすべてを支配して、すべてを行なっています。 いつでも完璧な神が私を満たして・・・
  ≫ ≫ 続きを見る